プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

浄土真宗 一向山専念寺伊勢堀院 BLOG

鹿児島県志布志市の寺院

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | 編集

PAGE TOP

お盆の合同供養 

8月13日
伊勢堀院において、
お盆の合同供養が行われました

今年は、例年と大きな変化がありました

伊勢堀院合同供養

それは、姉も一緒にお勤めさせていただいたこと
もちろん、姉は合同法要ははじめての参勤です
少し緊張したみたいでしたが、無事に勤まりました

今年も多くの参拝がありました
ありがとうございました
スポンサーサイト

PAGE TOP

伊勢堀院清掃作業 

本日8月6日は土曜礼拝後、
伊勢堀院で清掃作業を参拝者と共に行いました

夏のこの時期、雑草の成長はややく
毎年、有志の方で、土手、庭の清掃をしています

台風の余波の中、最後は雨に降られましたが
無事作業を完了しました。

清掃

ひと通り、作業が終わり、ちょっと一息
山門の下で、お茶を頂きました

清掃休憩

普段は、なかなか手の届かない境内の奥まで
きれいになりました
これで、お盆を気持ちよく迎えることができます

清掃後

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました

PAGE TOP

NPO竹と緑訪問 

京都深草の地に、NPO法人深草竹と緑という、
環境活動に取り組む組織があります

竹炭の作成や、団扇の作成などを取り組みつつ
竹林の整備や、不法投棄の解決など地域の環境問題を、
地域の資源である竹や農産物を取り扱うことで
人の手を入れ、改善を図っていくという
面白い活動を行っています

竹と緑

NPOの杉井理事長に、周辺を案内してもらいました
下の写真は、「竹藪」の状態
(竹藪の整理は、素人ではできないということです)

竹藪

次の写真は、整備された、「竹林」の状態
美しいですよね
この差は、大きい
しかも、竹は手を入れなければ、次々に森を破壊していきます

竹林

「竹は、もともと日本にはなかった」ということで
その竹は、利用するために日本に中国から持ち込まれたといいます
そのためには、手を入れしっかりとした管理が必要です

「竹と緑」では、職人さんのもとで、何年も修行して
それで、職人の技を受け継ぐとともに、
地域産業として、地域活性化のために取り組まれているということです

団扇作り

この写真は、団扇を作成の図
真剣そのものです

地域循環の産業は、地域の中から生まれるんでしょう

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。