プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

浄土真宗 一向山専念寺伊勢堀院 BLOG

鹿児島県志布志市の寺院

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | 編集

PAGE TOP

本山錦織寺 

2月5日に真宗木辺派の本山
錦織寺にお参りしてまいりました。
正式には遍照山 天神護法院 錦織寺。

こちらの、錦織寺は親鸞聖人の門弟、性信が率いた
関東の報恩寺を中心とする横曽根門徒の系譜をもちます。

親鸞聖人は、京都に戻られてから、布教した形跡がありません。
したがって、親鸞聖人の面授の門弟は、関東にしかいません。
初期の教団は、関東の門弟である性信や真佛(高田派)らの尽力で、
御聖人の教えが継承できた、ということになります。

山門

親鸞聖人は、60歳ぐらいに、
布教を行っていた関東の地をあとにします。
そして、故郷の京都に向かうわけですが、
その時に立ち寄ったお寺が、この錦織寺と伝えられます。

御影堂

もともとは、天台宗のお寺だったのですが、
御聖人とのご縁で、真宗となりました。
こちら↑の写真は、御影堂です。

境内

手前が、御影堂。
真中が、阿弥陀堂。
そして、いちばん奥が、毘沙門天安堂。
真宗寺には珍しく、毘沙門天様がいらっしゃいます。
それは、もともと天台のお寺だったから。

まだまだ、うんちくはあるのですが、
いっぺんに書けそうにありません。
続きは、次の機会に・・・

スポンサーサイト

PAGE TOP

750回大遠忌法要御正当 

真宗各寺院で執り行われてきた
親鸞聖人750回御遠忌法要もいよいよ大詰め。
新暦で1月16日を御聖人の御正忌とする本願寺において
1月9日から大遠忌御正当が修行されています。

goshoutou1

堀川通りに面する本願寺の周辺には佛旗が
このとおり、門前を飾っています。

goshoutou2

御影堂門も↓このようになっています。
通りを隔てた正面通りにおいても
いろいろなイベントが行われていました。

ちなみに、正面通りの「正面」とは
方広寺大仏にむかって「正面」ということから名づけられています。
ですから、東本願寺、枳殻邸を飛び越えて道が、豊国神社へと
江戸の昔に焼け落ちた大仏殿跡に一直線で結ばれています。
(まあ、今回のテーマ「御正忌」とは関係ないんですけど・・・)

goshoutou3

御影堂の中はこの通り、満席です。
これから14時からの法要が始まります。
(正信念仏偈が勤まるとおもいます)

goshoutou4

以前、ブログで紹介した、太鼓もこのように
法要で、大活躍していました。

goshoutou5

PAGE TOP

親鸞聖人750回忌 

6月11日、久しぶりに訪れました
こちらは、真宗山元派本山
親鸞聖人の750回忌が行われました

越前には真宗十派のうち四つの本山があります
そのうちの、横越本山と呼ばれるのが、ここ證誠寺です
山門奥に見えるのは御影堂です

本山山門

御影堂内部の様子
楽が奏でられるのでしょう、太鼓が見えます

本日はここで音楽法要が行われます
法要が始まる前に、すこし見学させてもらいました

本山御影堂

その、音楽法要の様子
満座となっていますが、一番前に通されて
目の前での迫力のあるうたを聴かせてもらいました
(感動するとともに、勉強になります)

本山音楽法要

PAGE TOP

本願寺御影堂 

今日は、本願寺の近くのJIPPOさんにお邪魔しました
(JIPPOはNPO法人でさまざまなボランティア活動を行っています)
本願寺の前を通るのに、素通りはできません
阿弥陀堂と御影堂にお参りしてから用を済ませに向かいました

ほとんど人がいませんでした
珍しく静かな本願寺です

御影堂

せっかくの機会なので、御影堂の中をのぞいてみました
テントのなかは、こんな風景です
だれもいないと、本当に広い!

御影堂内部

阿弥陀堂と御影堂の間の渡廊下にある大太鼓
綺麗ですよね
みなさん、前を通るときは立ち止まって眺めていきます
今日は、じっくりと見物することができました。

大太鼓

PAGE TOP

日野誕生院 

日野誕生院、親鸞聖人が生まれた土地とされ、
江戸期、西本願寺が日野家の墓所のあるこの地に堂宇を立てました

この堂宇は、始めは「有範堂」とされていましたが
開宗700年を記念して、一千坪の土地を購入し
日野誕生院として、建立されました
(『親鸞のあしあと-生涯と旧跡紀行-』新妻久郎)

日野誕生院

この境内は、西本願寺の飛地境内です
聖人が、青蓮院で得度する際に、詠んだとされる

 明日ありと思うこころのあだ桜
  夜半の嵐の吹くぞ悲しき

という、石碑も境内にありました

本願寺の得度は、夕暮れ時に行うのは
青蓮院にて、親鸞聖人がその刻限にこの歌を詠み、
慈円に得度をねがったことによります

誕生院聖人和歌

もちろん、これらの説話は後からできたもので
現在では、史実を明らかにするのは難しいのですが
次の写真は、親鸞聖人の産湯の井戸として現在に伝わるもの

形として残すことも、信仰としては重要なのでしょう

誕生院産湯の井戸

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。