プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

浄土真宗 一向山専念寺伊勢堀院 BLOG

鹿児島県志布志市の寺院

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | 編集

PAGE TOP

京都・高瀬川 

京都高瀬川の風景です。

京都駅から塩小路通りを鴨川に向かって歩き
橋をわたってから写真に収めました。

高瀬川

ここを通るといつも、
『高瀬川を歩く』の中村尚司氏の言葉を思い出します。

 ヒトは誰でも、人間に出会って、はじめて人間になる
 人間に出会うことのないヒトは、ただの哺乳類である
 暮らしの豊かさは、出会った人間の豊かさで決まる
 私の出会った人柄の豊かさが
 人間として私が獲得できる豊かさの源泉である

高瀬川護岸

下の写真は、歩いてきた京都駅の方角です。
こんなに京都駅から近いのに、ほとんど人通りもなく、
空き地ばかりが、目立ち、
中村氏の言葉とは、対照的に無機質な、
コンクリートでしっかり護岸された川の流れが、印象的です。

高瀬川 橋
スポンサーサイト

PAGE TOP

中城城址 

世界遺産に登録されている沖縄のグスク(城)
その中の一つ、中城城址です

首里城のように観光地化されていないため
訪れる人はほとんどいませんでした

中城

築城された時期は不明のようですが
現在の形になったのは1440年ごろ
沖縄の英雄である護佐丸による増築と言われています

1609年以後、薩摩の植民地状態であったときは
中国の冊封使が来たときは、薩摩の役人は首里城からこの城へ
その間は移動したとのこと

城門

首里城は、戦中の米軍の攻撃により
破壊されましたが、中城は被害が少なかったことから
石積が昔の姿のまま残されているということ

もちろん修復は行われており、この時も石に番号を貼り付けて
修復作業がなされていました

城下の景観

城から下界を眺めると海岸が広がっています

グアムからのお客様を連れて、沖縄でのしばしの観光でした

PAGE TOP

彦根城 

ゴールデンウィーク、唯一出かけたのは、彦根城
譜代大名、井伊家の居城です

たどり着くまで、高速は大渋滞で大変でした
もちろん、城の中も大混雑、天守閣に入るのに90分待ち
ゆるキャラブームはまだまだ続いているようで・・・

彦根城天守閣

彦根城といったら、
天守閣のイメージが強いのですが
それ以上に、お城の周りの美しさが印象的です

これほど、保存がちゃんとなされている日本のお城はないのでは?
穴太衆の「野面積み」の城壁もしっかり残っています

彦根城

早めに、城内の散策は切り上げて
お堀の周辺や、玄宮園を楽しみました

お堀を船で回ることが出来るのですが、こちらも満席
普段はこんなに混まないのでしょう

次は、観光客の少ない時期に行ってみたいものです

玄宮園

国宝 彦根城 オススメです

PAGE TOP

首里城 

京都から沖縄へ
龍谷大学松島ゼミのフールド調査のため沖縄入りしました
待ち合わせの時間まで、少し間があったので、首里城へ行ってみました

守礼門

首里城は、1945年、米軍による爆撃によって完全に破壊されました
その後、1958年に復元されています

世界遺産に登録され、外国人の観光がとても多かったです

歓会門
↑歓会門 中国からの冊封使(さっぽうし)を迎え入れた門
もちろん、日本の城とは全く違う特徴のある城です
どちらかというと、黄檗宗のお寺の門を彷彿とします

沖縄は、琉球処分により、日本に併合されることになるのですが
それまでは琉球王国は、清と薩摩の狭間の中で独立国家として存在しました

正殿

写真は、南殿方面から正殿を望む風景
南殿は薩摩の使者が駐在した建物です
正殿は残念ながら修復中

城壁の石組は緻密で
近くから見ても遠くから見ても美しいです

PAGE TOP

しらら浜 

ここは一昨日訪れた
南紀白浜のしらら浜という浜辺
風もなく、暖かな日差しで
真冬とは思えない、そういった日でした

砂浜は白いさらさらした砂で
きれいな、海岸です

しらら浜

しらら浜というネーミングがピッタリです

京都は今日はミゾレまじりの雨でした
あすは雪の天気予報です

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。