プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

浄土真宗 一向山専念寺伊勢堀院 BLOG

鹿児島県志布志市の寺院

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | 編集

PAGE TOP

青木敬介先生講演 

本日は、龍谷大学大宮学舎北黌にて
播磨灘の環境問題に取り組んでこられた
浄土真宗西念寺の前住職、青木敬介氏をお招きして研究会を行いました

青木敬介氏

80歳になられるという青木氏に
高齢を押して講演をしていただきました

今の大学では環境に関する学問は花盛りで
次から次に、環境に関する新学部が作られていますが
残念なことに、環境問題に取り組む地域の活動には目を向けず
研究のための研究という、まさに研究機関のための学問へなりつつあります

このような状況を少しでも変えるために行った研究会ですが
残念ながら(というより予想通りなのですが)
参加者は、3名というさびしい研究会でした
(申し訳なかったです)

しかし、内容は素晴らしく、非常に刺激を受けました

高名な学者を呼ぶときは、多くの研究者が参加するけど
環境問題の実践者の話は興味がないというのが、今の学問状況か?
何とも割り切れないそんな一日でした
スポンサーサイト

PAGE TOP

大田昌秀元沖縄県知事 

龍谷大学で、元沖縄県知事の大田昌秀氏が講演されました

沖縄の基地問題がメインテーマでしたが
大田元知事の、外交や平和に対する深い洞察に触れることができました

ご高齢にも関わらず、
明快でしっかりとした語り口調は
基地問題をかかえ、厳しい情勢の中で
沖縄県政を支えてきたからなのでしょう

そして元知事の発言は、
常に確固とした学識に基づいているということも
本当によくわかるシンポジウムでした

私自身、もっと沖縄のことを知らなければならない
そう痛感した一日でした

大田元知事
檀上右が大田氏、左は共同通信社の杉田弘毅氏

PAGE TOP

高橋卓志先生 

長野県松本市神宮寺住職の高橋卓志先生(龍谷大学客員教授)の
講演会が龍谷大学で行われました。

「死」は誰もが一人で対面しなければならい
その苦しみや悲しみを誰が支え担うのか・・

「お寺」が地域社会のなかにおいて、その問題にどう取り組むべきなのか?
深く考えさせられる講演会でした。

高橋卓志先生

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。