プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

浄土真宗 一向山専念寺伊勢堀院 BLOG

鹿児島県志布志市の寺院

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | 編集

PAGE TOP

方広寺 

方広寺(天台宗山門派)は、豊臣秀吉により建立されたお寺です。
建立時には、東大寺に倣った大仏殿が作られました。
この、大仏殿と西本願寺を結ぶ道を「正面通り」と呼びますが、
その線上の間に、東本願寺とその庭園である渉成園があり、通りを途中で遮る形で造らています。

方広寺

ちなみに、正面通りの「正面」とは方広寺の大仏に向かって正面ということで、
江戸期に入ってから、そのように呼ばれるようになったということです。

当時の大仏は、秀吉の刀狩りで大量に集まった鉄を使って、建立されたということです。
しかし大仏殿は、1798年に落雷による火災で消失しています。
(上の写真の鐘堂の左奥が、現在の本堂ですが、現在修復中でした。)

方広寺の鐘

このお寺の梵鐘には、かの有名な「国家安康」「君臣豊楽」の銘文が有り
現在も、当時のまま残っています。
方広寺の大仏殿の跡地に、現在は、豊国神社の社殿がたっています。
秀吉は死後、天皇より「豊国大明神」の神号を頂き、廟所を建立するのですが、
徳川の世になり、その廟所は廃所となります。
しかし、明治に入って、明治天皇より、「秀吉は幕府を作らなかった」ことを評価され、現在の社殿が作られることになったということ。

豊国の唐門

上の写真は、豊国神社の「唐門」で、西本願寺、大徳寺の唐門とともに国宝に指定されています。
伏見城の遺構ということ。

豊臣⇒徳川⇒明治という時代の変遷の中、
豊臣の後ろ盾で、京都に本山を構えた西本願寺は、方広寺大仏へまっすぐに向かって建立され、
東本願寺は徳川の後ろ盾で、西本願寺と方広寺の間に通りを遮るように建立され、
明治に入り、秀吉の廟所は、徳川の世を終わらせた明治天皇により復活された、
ということなんでしょうね。
京都ならではの歴史の変遷のダイナミズムを感じます。

ほうこくさん
スポンサーサイト

PAGE TOP

分陀利華 

京都五山の東福寺
庫裡の横に蓮の花が咲いていました。
白蓮華のことを分陀利華(ふんだりけ=サンスクリットでプンダリーカを音写したもの)
といいます。

白蓮華

正信偈のなかに

一切善悪凡夫人(善人も悪人も、どのような凡夫であっても)
聞信如来弘誓願(阿弥陀仏の本願を聞信すれば)
佛言広大勝解者(佛は優れた智慧を得たものと言われ)
是人名分陀利華(この人を「分陀利華」と名づく)

と言う行があり、この「分陀利華」=白蓮華のような人と表現しています。

ちなみに東福寺の塔頭に 芬陀院 いうお寺があります。

水底の泥の世界の中から
美しい白い花を咲かせるということで
例えられているのでしょうね。

方丈

こちらは庫裡の受付から方丈の「八相の庭」の南庭です。

PAGE TOP

東福寺の紅葉 

京都に住みながら紅葉を見る間も無く
秋が過ぎ去っていくところですが、
長野から、来客があり、半日間
自宅周辺の古寺、東福寺を案内しました。

東福寺

おなじみの通天橋です。
すでに、見ごろを過ぎていますが
寒々しさを感じる、初冬の光景というところでしょうか?

紅葉

今週末は、南国沖縄に出張です。

PAGE TOP

聖徳太子誕生の寺 

明日香路、聖徳太子の誕生寺といわれる
橘寺へ参拝に行きました

正式な寺院名は「仏頭山上宮皇院菩提寺」
天台宗の宗旨です
この付近に、聖徳太子の生まれた場所があるということで
「誕生の地」とされています

橘寺

参拝者は少なく、境内は静まり返っていました
奈良周辺の大きなお寺と比べれば
小さいのですが、
隅々まで掃除されており、気持ちのいいお寺です

本堂

境内を一周すると、
なぜか、親鸞聖人像が境内にありました

浄土真宗の宗祖、親鸞聖人は聖徳太子を深く尊敬していました
それは、聖人の手による「三帖和讃」に太子を讃える和讃を数多く残していることでうかがえます
また、関東の聖人ゆかりの寺院の多くに太子堂があることも同じ理由によるものと思います

親鸞聖人像

おそらく、太子の誕生されたこのお寺に、ぜひ親鸞聖人像を
ということで、建立されたのでしょうか?

PAGE TOP

東福寺三門 

こちらは東福寺の本堂、仏殿です
まあ東福寺に参拝した方なら、どなたでもご存知と思います
しかし、この高さから、仏殿をご覧になったかた、居ます?

そう、これは東福寺の三門(三解脱門)からの光景です

東福寺本堂

いま東福寺は、5月15日まで、特別公開を行っています
特に、三門の中は感動ものです、東福寺ならではの名宝がたくさんあります

(ちなみに、「東福寺境内には桜は無い」ということになっていますが
一本だけ境内にあることを教えてもらいました、みなさん、探してみてください)

次の写真は、臥雲橋から見た、通天橋
新緑もとてもきれい、紅葉に負けていません

東福寺


古寺が好きな方にとって
今年の、京都のゴールデンウイークは見どころがいっぱいです

この後、銀閣にも行ってきました
こちらも、本堂、東求堂が一般公開されています

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。