プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

浄土真宗 一向山専念寺伊勢堀院 BLOG

鹿児島県志布志市の寺院

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | 編集

PAGE TOP

方広寺 

方広寺(天台宗山門派)は、豊臣秀吉により建立されたお寺です。
建立時には、東大寺に倣った大仏殿が作られました。
この、大仏殿と西本願寺を結ぶ道を「正面通り」と呼びますが、
その線上の間に、東本願寺とその庭園である渉成園があり、通りを途中で遮る形で造らています。

方広寺

ちなみに、正面通りの「正面」とは方広寺の大仏に向かって正面ということで、
江戸期に入ってから、そのように呼ばれるようになったということです。

当時の大仏は、秀吉の刀狩りで大量に集まった鉄を使って、建立されたということです。
しかし大仏殿は、1798年に落雷による火災で消失しています。
(上の写真の鐘堂の左奥が、現在の本堂ですが、現在修復中でした。)

方広寺の鐘

このお寺の梵鐘には、かの有名な「国家安康」「君臣豊楽」の銘文が有り
現在も、当時のまま残っています。
方広寺の大仏殿の跡地に、現在は、豊国神社の社殿がたっています。
秀吉は死後、天皇より「豊国大明神」の神号を頂き、廟所を建立するのですが、
徳川の世になり、その廟所は廃所となります。
しかし、明治に入って、明治天皇より、「秀吉は幕府を作らなかった」ことを評価され、現在の社殿が作られることになったということ。

豊国の唐門

上の写真は、豊国神社の「唐門」で、西本願寺、大徳寺の唐門とともに国宝に指定されています。
伏見城の遺構ということ。

豊臣⇒徳川⇒明治という時代の変遷の中、
豊臣の後ろ盾で、京都に本山を構えた西本願寺は、方広寺大仏へまっすぐに向かって建立され、
東本願寺は徳川の後ろ盾で、西本願寺と方広寺の間に通りを遮るように建立され、
明治に入り、秀吉の廟所は、徳川の世を終わらせた明治天皇により復活された、
ということなんでしょうね。
京都ならではの歴史の変遷のダイナミズムを感じます。

ほうこくさん
スポンサーサイト

PAGE TOP

分陀利華 

京都五山の東福寺
庫裡の横に蓮の花が咲いていました。
白蓮華のことを分陀利華(ふんだりけ=サンスクリットでプンダリーカを音写したもの)
といいます。

白蓮華

正信偈のなかに

一切善悪凡夫人(善人も悪人も、どのような凡夫であっても)
聞信如来弘誓願(阿弥陀仏の本願を聞信すれば)
佛言広大勝解者(佛は優れた智慧を得たものと言われ)
是人名分陀利華(この人を「分陀利華」と名づく)

と言う行があり、この「分陀利華」=白蓮華のような人と表現しています。

ちなみに東福寺の塔頭に 芬陀院 いうお寺があります。

水底の泥の世界の中から
美しい白い花を咲かせるということで
例えられているのでしょうね。

方丈

こちらは庫裡の受付から方丈の「八相の庭」の南庭です。

PAGE TOP

京都・高瀬川 

京都高瀬川の風景です。

京都駅から塩小路通りを鴨川に向かって歩き
橋をわたってから写真に収めました。

高瀬川

ここを通るといつも、
『高瀬川を歩く』の中村尚司氏の言葉を思い出します。

 ヒトは誰でも、人間に出会って、はじめて人間になる
 人間に出会うことのないヒトは、ただの哺乳類である
 暮らしの豊かさは、出会った人間の豊かさで決まる
 私の出会った人柄の豊かさが
 人間として私が獲得できる豊かさの源泉である

高瀬川護岸

下の写真は、歩いてきた京都駅の方角です。
こんなに京都駅から近いのに、ほとんど人通りもなく、
空き地ばかりが、目立ち、
中村氏の言葉とは、対照的に無機質な、
コンクリートでしっかり護岸された川の流れが、印象的です。

高瀬川 橋

PAGE TOP

瀧尾神社 

京阪東福寺駅周辺に瀧尾神社という神社があります。
以前より、ここに神社があるのは知っていたのですが、
今日は、ちょっと立ち寄ってみました。

瀧尾神社

参拝し本殿をのぞいてびっくり!
回廊にまで彫刻がびっしりと施してあります。

瀧尾神社本殿


さっそく写真を取り始めると
他の参拝客が、「拝殿の龍、見た?こっちがメインだよ」と言うので
近づいてみると、さらにびっくり

瀧尾神社拝殿

拝殿天井には、巨大な龍が・・・
龍の天井画は、これまで何度か見たことはあったけど
龍の彫り物は初めて見ました。

瀧尾神社拝殿龍

迫力のある彫刻です。
その他、境内には、絵馬の展示もあり、充実しています。

PAGE TOP

船鉾とだんじり 

今日、京都のまちを歩いていると、道沿いの倉庫の中から
このようなりっぱな船鉾が姿を見せていました。
さっそくのぞいて、写真に収めました。

だんじり

奥には十二灯があり
中にいた方に「だんじり」ですか?
と聞いたら、「そう」ということで、
「いまひえ」のお祭りに向けて展示しているということでした。

「いまひえ」ってどんな字を書くのですか?
という問いに、この文字ということで

新日吉

車を指さして教えてくれました。
「新日吉」とかいて「いまひえ」
新日吉神社のことだということです。
次の休みの日がこの神社のお祭りとのこと。
すべて、昔の儘の材料をそのまま手入れして使っているということです。

一刀彫

これは一刀彫とのこと
このような技術は今はもうないのではないか、ということです。
頑張って文化と伝統を守っているという話に、感心してしまいました。

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。